2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

2017年1月14日 (土)

「クマノミの大冒険」始まるよ!

みなさま、こんにちは。
早く暖かくなってほしいキゲイジャーです。

明日、
当館教育ボランティア「クマノミキッズ応援団」による
寸劇「クマノミの大冒険-知ってる?水族館の仲間たち-」
が行われます。

明日、1月15日(日)と1月22日(日) の2日間、
12:30開場  12:35開演
14:10開場  14:15開演で
各回 約15分間です。

授業やそれぞれの活動の中から時間を見つけて
熱心に練習し、公演を迎えます。

準備には笑いも多かったですが、苦労も多かったようです!!
Dsc_0114r

Dsc_0202r

Dsc_9951r

制作や演出もメンバーのオリジナル
Dsc_0188r

Dsc_9938r

Dsc_9940r

寒い冬を吹き飛ばすような熱意が感じられます!!
是非、お楽しみください。[

2017年1月12日 (木)

刺胞にまもられて ミツボシクロスズメ

こんにちは、アオです(^^)

イソギンチャクの触手には毒の刺胞があり、クマノミはそれに潜りこむことで身を守っていることはよく知られていますが、実はクマノミ以外にもイソギンチャクに潜りこめる魚がいます。

Dsc_5045

こちらのサンゴイソギンチャクの触手の間にいる魚は、ミツボシクロスズメダイの幼魚。クマノミと同じスズメダイ科に属していますが、クマノミの仲間ではありません。
イソギンチャクに触れても刺されないため、皮膚の構造などがクマノミと同じなのかどうか、気になります(゜゜)

幼魚のうちは、黒い体に白い模様が目立ち、イソギンチャクの間をチョコチョコと動き回り非常に可愛らしいです(^^)
Dsc_0027_2

しかし、成魚になるにつれて白い模様も一部を残して消え、なわばりに入る他の魚を追いかけまわす荒くれ者へと変貌します(゜゜)

イソギンチャクと共生するのは幼魚の頃だけで、ここまでくるとイソギンチャクの助けはいらないのか、離れて生活するようになります。

くまのみ水族館の裏側の水槽に幼魚が、駿河湾の生きものコーナーには成魚が展示されていますので、ぜひ見比べてみてください(^^)[]

※生物の状態により、展示を変更する場合があります。

2017年1月 1日 (日)

明けましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます!

今年も博物館裏から初日の出、富士山
拝んできましたキゲイジャーです。
Dsc_0583r

Dsc_0637r


本年も東海大学海洋科学博物館を
何卒よろしくお願い致します。

元日から元気に営業しております。
お正月イベントも始まっております。
Dsc_0640r

縁起の良い干支の魚にもなれちゃいます!!
Dsc_0643rkiri


本年もみなさまにとって素晴らしい一年に
なりますようにお祈り申し上げます♪[

2016年12月22日 (木)

冷たいぞ!プール掃除

みなさま、こんにちは。
新しい手帳に、来年の予定を書き始めたキゲイジャーです。

先日、メクアリウムのプールを掃除しました。
毎年のことですが、
やはり、冬の水は冷たいです。
こちらはその冷たさが良く表れている写真です。
Dsc_0208r

水温に慣れてくると動けるようになります。
Dsc_0213r

さて、プールもキレイになりました。
Dsc_0219r

今年は12月25日(日)までの営業です!
みなさま、風邪などには気を付けて下さい!
キレイなプールでお会いしましょう。[

2016年12月18日 (日)

ニョロニョロニューフェイス! ウナギギンポ

こんにちは、アオです(^^)

きらきら☆ラグーンにはチンアナゴとニシキアナゴのニョロニョロコンビが展示されている水槽があり、子供たちを始め大変人気です。

Dsc_0097
今回こちらに新たに加わったのがこちらの『ウナギギンポ』です(゜゜)

個人的には、ウナギなのかギンポなのかはっきりしてほしいネーミングですが、イソギンポ科に属するウナギっぽいギンポの仲間です(^^)

Dsc_0138
よく見ると可愛い顔つきに、非常にきれいな体色をしています。ぜひご覧ください(^^)[]

※生物の状態により、展示を変更する場合があります。

2016年12月16日 (金)

雄大なピグミーシロナガスクジラ骨格!

みなさま、こんにちは!
防寒のためのマスクが手放せないキゲイジャーです!

今朝も博物館裏の海岸から眺める
富士山は雄大です。
Dsc_0239kirir

展示の中で雄大なのは
やはりピグミーシロナガスクジラでしょう!!
Dsc_0243r

この骨格標本はそのクジラが
ピグミーシロナガスクジラであることを決める
基準になるタイプ標本です!!

下からのアングルも迫力があります![
Dsc_0244r

2016年12月12日 (月)

展示に万華鏡の原理!

みなさま、こんにちは。
今日は一段と冷え込んでいますね!
連日、夕食はお鍋のキゲイジャーです。

さて、メクアリウムに展示しています
カレイドスコープ!!
いわゆるひとつの万華鏡です。

カレイドスコープ内でセンチピードの脚が
連動して動いている、面白い展示です。
Dsc_9959r

中を覗くと壁面に鏡が組み込まれていて
下に長く連なって見えます!!
海草のイメージとしても展示しており、
無数の脚がうごめいています!!!

Dsc_9960r

是非、中を覗いてみて下さい。
しかし、透明な板が、はめこんでありますので
頭をぶつけないようにご注意下さい。[

2016年12月 9日 (金)

クマノミ化粧直し!

みなさま、こんにちは!
やっと気候に体が慣れてきたキゲイジャーです。

さて、展示物の塗装などは時間と共に
少しずつ、剥げてきます!!

白い部分が剥げてきているので
再塗装♪
となりと比べるとよくわかりますね。
Dsc_0974rmaru

塗装も仕上がり、良い感じです♪
Dsc_0161r

2個体並ぶと、また良い感じですね。
いつか群れで展示したいと密かに思っています!![

2016年12月 7日 (水)

屋外実験水槽清掃!

みなさま、こんにちは。
寒い日が続いております。
そんな中、
さっぱりと髪の毛を刈り込んだキゲイジャーです。

今年もあと一ヶ月弱ですね。
先日の小雨が降る中、
Dsc_9771r

屋外にある
津波実験水槽の清掃を行いました。
Dsc_9763r

今回は文明のリキ
高圧洗浄機を使用して、
Dsc_9772r

汚れを吹き飛ばしました!!
すっきりキレイになりました。
Dsc_9779r

最終的には“人の手”での作業が
一番キレイになることを再確認しましたが。
Dsc_9777r

みなさんも大掃除はお早めに![

2016年12月 4日 (日)

低い水温がお好き?ゲンロクダイ

こんにちは、アオです(^^)

本日は、チョウチョウウオの仲間 ゲンロクダイをご紹介!

Dsc_4521
チョウチョウウオの仲間というと沖縄など暖かい海にすんでいる魚。また静岡県では夏から秋にかけて黒潮に乗ってやってくる季節来遊魚をイメージされることが多いと思います。

しかし、このゲンロクダイは、時々水深10m付近でも見られるものの、普段は水温のやや低い温帯沿岸の深場(水深30m付近)に棲み、水深200mの大陸斜面でも見つかっています。

当館では、同じくやや深場にすむサクラダイの水槽で展示中です。サクラダイがたくさん展示されている為、一見目立ちませんが、薄い黄色のバンド模様のカッコイイ魚です!ぜひご覧ください(^^)[]

※生物の状態により、展示を変更する場合があります。

«水槽、水を入れてクリアーに!

フォト
無料ブログはココログ