2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

ねぇ、何してるの?(展示制作)

展示する場所で作業をしています

2017年3月 9日 (木)

イベント解説検討中

こんにちは、アオです(^^)

3月に入り、花粉症のスタッフが戦々恐々としている春ももうすぐです…(゜゜)

そんな中、作業場ではスタッフが数人集まって何やら話し合っています。

Dsc_8946

小型水槽を前にして「こんなやり方はどうだろう?」「こういうことを話した方がおもしろい」など議論が白熱しています。

どうやら春のイベントで解説に使う生きものの見せ方や解説の方法などを話し合っているようです(^^)
Dsc_8947

来館者の方に分かりやすく、楽しんでもらう解説にするための試行錯誤中です(^^)

春休みのイベントは詳細が決まり次第、ホームページなどでお知らせしますのでお楽しみに![]

2016年11月24日 (木)

マンガン除去槽大掃除

こんにちは、アオです(^^)

今年もあとひと月ちょい。年末に向けて各所で大掃除が行われ始めています。

そんな中、事務所の前に謎のマットが大量に置かれています。

Rimg0001

さわってみると、超高反発なマットで個人的には寝るには硬すぎ・・・腰が痛くなりそう…

これは、当館で使用する地下海水に大量に含まれるマンガンを取り除くウレタンフィルターです。毎年、交換していますが、今年もその季節がやってきました。スタッフだけでなく、当館で研究している学生さんたちにも手伝ってもらい、全員全身真っ黒になりながらの交換作業ですが、無事に終了!

Rimg0006

Rimg0011

こちらが掃除する前の除去槽の中と交換した後のマットです。約1年でこんなに真っ黒になってしまいました。

当館にお越しの際は、『ここの海水は地下からくみ上げて、マンガンを取り除いたものなんだなぁ…』と少し思い出してもらえればと思います(^^)[]

2015年4月30日 (木)

メガマウスザメ カムバック その5

こんにちはメガ ガクゲイジャーです。今日はGWも中休みですが、「カムバック その5」 最終です。

○「メガマウスザメの行方」 

解剖後、メガマウスザメは再び冷凍倉庫に運び入れられました。その後、メガマウスザメをどうするのか協議され、剥製を製作することが秋に決まりました。

以前、製作していただいた業者さんは仕事をお辞めになられたようで、業者さんを探すところから始まりました。なかなか4mもあるような大きな魚を剥製にできるところは少ないようで、それでもなんとか探し出してお願いすることとなりました。 Dsc_0035またまた、冷凍倉庫から運び出され、解凍です(笑)。10月に剥製業者さんのトラックで運んでいかれましたが、やはり運ぶのにも一苦労です。車を運ぶ専用のトラックに 乗せられて、製作現場に運ばれていきました。Dsc_0127

輸送当日も担当者は、業者さんと細かな打ち合わせを行っていました。作製は春までかかりましたが、その間も担当者は確認と打ち合わせのため、たびたび現場へ出向いていきました。ご苦労様でした。
Dsc_0115

Dsc_0140

さて、製作の様子ですが、まずは魚が腐らないように防腐処理です。容器の中に特殊な溶液を入れて、しばらく置いておきます。

2
その後、剥製の芯になる型をつくるため、砂に埋められて完成時の形を決めていきます。この上に石膏を流して、外側の型ができます。さらにできた型に発泡ウレタンを充填して、芯の出来上がりです。かなり繊細で、大変な作業です。

20141027103547
でも、ここからが職人技です。剥製にするためには、肉を取り除いて皮一枚にしなくてはなりません。下の写真は、皮だけになったメガマウスザメですが、皮の厚さはかなり薄いです。よく、破らずにできるものだと感心させられます。
6
次にできた芯に皮をかぶせて調整していきます。乾燥すると皮は縮んでしまうので、そのあたりも考慮しなくてはならないようです。尾びれの写真ですが、芯に皮をかぶせていますが、まだ肉があるような感じの出来上がりです。さすが!!

7
その後、乾燥させ着色して完成しました。完成した剥製を見ているとそのような背景はわかりませんが、実際には熟練された技とたくさんの時間が費やされています。

メガマウスザメが剥製になるまでの1年間、振り返るといろいろとありました。

一番初めに快く港に水揚げしてくれた漁師さんたち、急な話にも関わらず冷凍庫に入れてくだった倉庫の関係者、また公開解剖を行っていただいた田中先生や堀江先生、学生さんたち、剥製にするために多大なるご尽力をいただいた大学関係者の皆様、本当に多くの人のご協力により完成しました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

是非とも、雌雄そろったメガマウスザメを見にきてください![○] <終わり>

2015年2月20日 (金)

皮の標本作成中…

こんにちは、アオです(^^)

Dsc_0003

作業場でなにやら、スタッフが作業中・・・

何かの生きものの皮をなめしているようです。一枚長さ1mほどもあり、なかなか大きいですね(゜゜)

この生きものは漁師さんより網にかかったものが提供され、内臓などは研究のために一部保存されました。今回は余った皮を標本にしています(゜゜)冷凍されていたものを解凍し、皮についている肉などを綺麗に除去しています。

この後、乾燥させると・・・

Rimg0004
こんな感じになりました(^^)

Rimg0006
表側を触ってみるとザラザラしていますが、何の皮か分かりますか?

この皮は春休みに行われるイベントにて使用される予定とのこと。そういえば去年の今頃にも似たような皮を見た覚えが・・・(笑)

春休みのイベント準備もそろそろ本格化!続報をお待ちください(^^)[]

2013年8月12日 (月)

怖いぞ!『海のお化け屋敷』準備中!

こんにちは。二日連続のアオです。

さて、明日からいよいよお盆期間限定のイベントが始まります(^^)

博物館一階の講堂ではびっくり!どっきり!?海のおばけ屋敷』が開催。

一足お先に準備中の様子を少しのぞいてみたいと思います!

Dscn2840
アオ『( ゜Д゜)!』・・・入口看板の段階で雰囲気全開です。怖っ!

Dscn2836
中では明日のオープンに向けて担当職員と博物館実習の学生さんが最終チェック中です。生きものについて調べたり、解説シミュレーションなどを行っていました。その横を邪魔をしないようにコソコソと見て回ります(^^)

Dscn2839
お化け屋敷ということで、お化けや妖怪にちなんだ海の生きものの展示や見てみるとビックリドッキリするような仕掛けがある展示などが並んでいます。

1imgp1650
さらに巷で大人気、あの海の生きものの仲間をタッチングすることもできますよ(>_<)

外観は怖いですが、『びっくり!どっきり!?知ってなるほど!』な企画展となっております。
Dscn2834_2

少し怖い(?)海の生きものたちの不思議、是非のぞいてみてください(^^)明日8月13日の10:30からいよいよオープンです![
]

※生物や妖怪の状態により、展示を変更する場合があります。

フォト
無料ブログはココログ