2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

« 当館のご長寿魚 | トップページ | 見分けるポイント »

2012年9月28日 (金)

博物館をぶらぶらと

夏が終わり、気候も秋らしくなってきました。たまには展示の裏話でもと、館内をぶらぶらとしてみました。そのような目で見ると、「あー この展示には・・・」といろいろな話が思い浮かんできました。これから少しずつブログで紹介していきますが、とりあえずはこの水槽から・・・Imgp1172

Imgp1171_2


当館に入ってはじめの「きらきら☆ラグーン」のサンゴ水槽です。正直、水槽は大きくありません。でも、小さなトンネルがあります。できるだけ、見るだけではなく楽しい水槽になればと考え、トンネルがつくられました。Imgp1175
Imgp1165
しかし、この水槽のトンネルには、出入り口が一か所しかありません。そのため、大人の人が入るとエビのようにバックしながら、出てくる姿が見られます。なぜ、出口を作らなかったのか?Imgp1181


Imgp1172_2

写真で見てわかるとおもいますが、水槽正面の解説部分には出入り口が設置できます。ところが設置すると、お客さんの大部分はトンネルに足が向いてしまいます。その結果、順路が乱れてしまいます。水槽の右側にはウツボや小型水槽などたくさんあります。Imgp1177それを防ぐために、仕方なく出入り口を1つにしました。これについては、館内の会議で意見がたくさん出され議論したことを、今でもよく覚えています。一つの水槽を設置するにも、いろいろなこと考えなければならず、思い通りにいきません。この「きらきら☆ラグーン」の改修では、本当に七転八倒させられたことがたくさんありました。[]

« 当館のご長寿魚 | トップページ | 見分けるポイント »

展示」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ