2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

« どうしてウラシマクラゲ? | トップページ | うろこの数 »

2013年1月29日 (火)

変わりイトマキヒトデ

こんにちはミドゲイジャーです。今日はちょっと変わったヒトデの話です。時折、クマノミ水族館の水槽を見ていると、いくつかの水槽のガラス面には、小さなヒトデが付いています。Dsc_0001
このヒトデは、「カワリイトマキヒトデ」といって日本産の中では、「チビイトマキヒトデ」とならんで最小の種類になります。大きさが1cmを超えるものは稀です。Dsc_00206
Dsc_0045_3
大きさもさることながら、その増え方が変わっています。このヒトデは卵と精子による有性生殖ではなく、体を2分裂することによって増えていきます。なので、水槽を見ていると体が半分になって、その後腕が徐々に伸びてきている個体も見受けられます。Dsc_00093
Dsc_0011

ちっちゃな、かわいいヒトデたちを探して見てあげてください。 []

※生物の状態により、展示を変更する場合があります

« どうしてウラシマクラゲ? | トップページ | うろこの数 »

ある日の展示場(トピック)」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ