2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

« 全開でアピール! | トップページ | 変わりイトマキヒトデ »

2013年1月27日 (日)

どうしてウラシマクラゲ?

こんにちはミドゲイジャーです。ウラシマクラゲが展示されました。このクラゲは日本と中国でしか確認されていない、直径が1.5cm、傘の高さが2㎝程度のかわいいクラゲです。Dsc_0024
エサのブラインシュリンプを入れてあげると、体の中央付近にどんどん集まってオレンジ色になっていきます。傘の縁には4本の触手があり、そこについているたくさんの刺胞でエサを捕まえて口まで運びます。Dsc_0054
ところで、この名前ですが、「なぜ、こんな名前がついているのかな?」と思い、少し調べてみました。名前は1910年日本人により命名され、あの「浦島太郎」にちなんで名づけられたようです。でも、「浦島太郎」とクラゲの関係については、何もわかりませんでした。どうしてウラシマなの???と疑問が残ります。クラゲの形が玉手箱に似ているから?などとつまらないことを考えてしまいました。

触手を伸ばして懸命に泳ぐ姿は、他のクラゲと違っていて面白いです。是非、ご覧ください! []

※生物の状態により、展示を変更する場合があります

« 全開でアピール! | トップページ | 変わりイトマキヒトデ »

ある日の展示場(トピック)」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ