2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

« 当館生まれのヒメハナギンチャク | トップページ | キンメダイ!  »

2013年5月29日 (水)

雨具の季節

こんにちは。アオです(^^)

まだ5月なのに静岡は昨日、梅雨入りしました(・∀・)雨も降っていて空気はジメジメしておりますが、平日の館内は遠足の雨天コースの子供たちで賑わっております(^^)

雨が降ると必要になるのは合羽
実はこの二つの雨具を名前に持っている生きものがいるので、最近展示が始まりました仲間の2種類を紹介します。

Img0028
その生きものとはミノカサゴ。漢字では『蓑笠子』

諸説ありますが、カサゴの『笠子』は大きな頭が笠をかぶっているようにみえることから、そしてさらにきれいなヒレを『蓑』に見立て、合わせてミノカサゴ。

まさに雨具魚(笑)

このミノカサゴの仲間2種がきらきら☆ラグーンに展示されました。

Dsc_0026_2
Dsc_0053
キリンミノ(上)とセトミノカサゴ(下)です。

キリンミノは岩礁域、セトミノカサゴは砂泥域に主に生息し、ミノカサゴなどと違いあまり泳ぎ回らず、水底付近をゆっくりと泳いでいることが多いです。ちなみにキリンミノは漢字で『麒麟蓑』伝説上の生きもの麒麟が由来のようです。ヒレが角に見えることや体が黄色っぽいからでしょうか?

この仲間の一番の魅力は胸ビレの裏(^^)

Dsc_0030_6
Dsc_0032
キリンミノにはきれいなラインが入り、セトミノカサゴは青色の模様が入っています。
これは一見の価値ありです!
Dsc_0002
二つ並んだ水槽に入っていますので、見比べてみてはいかがでしょう?(^^)[]

※生物の状態により、展示を変更する場合があります。

« 当館生まれのヒメハナギンチャク | トップページ | キンメダイ!  »

ある日の展示場(トピック)」カテゴリの記事

生きものたち(展示生物)」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ