2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

« ダーウィンが来た! | トップページ | かわいい目 フトツノザメ! »

2014年2月24日 (月)

ゲンゲのお話

こんにちは、アオです( ^^)

このところパネルのペンキ塗りや予備槽に行くため、天気がいい日に屋外に出るとすこし暖かくなったような気がします。春はもうちょいってところですかね(^^)

さて、本日はゲンゲのお話。

先日からチョウジャゲンゲの標本展示が深海NEWSコーナーで始まっています。

ゲンゲの仲間は世界に200種類以上が知られていて、今回のチョウジャゲンゲは日本固有種で、過去に3個体の報告しかなく(すべて福島県沖)、駿河湾初記録の貴重なものです!

Img_0011

Img_0005

展示では『チョウジャ』の和名にまつわる話の解説もされていますが・・・

そういえば○○ゲンゲって時々聞くけど『ゲンゲ』の由来って知らない・・・

いつ聞かれてもいいように早速調べてみましたところ、ゲンゲの仲間は主に日本海側などで昔から底引き網漁などで獲られていました。

しかし、鮮度が落ちるのが速く、価値が低かったために海上や浜辺で捨てられていたそうです。「ゲンゲ」も元々は「下の下(げのげ)」、雑魚中の雑魚という意味からつけられた名前だそうです・・・なんとも不憫な由来です(・_・;)

しかし、最近では滅多に出会えない幻の魚=『幻魚(げんげ)』と呼ばれ、知る人ぞ知る名品として干物などで売り出されているそうです(^^)非常に美味しいらしいので私もいつか食べてみたいものです(^^)

Dsc_0001
Dsc_0017
館内には標本や生体でゲンゲの仲間が展示されています。
幻魚として食べられているものとは違う種類のゲンゲですが、是非そのニュルッとしたかわいらしい形態などを観察してみてください(^^)[]

※生物の状態により、展示を変更する場合があります。

« ダーウィンが来た! | トップページ | かわいい目 フトツノザメ! »

ある日の展示場(トピック)」カテゴリの記事

生きものたち(展示生物)」カテゴリの記事

深海生物班」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ