2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

コバンザメのコバンを観察!

こんにちは、アオです(^^)
静岡もだいぶ涼しくなり秋を感じます。

さて、駿河湾の生きものコーナーではコバンザメが展示されていますが、大きい魚と同居しているわけではないので水槽の壁面にくっついていることが多いです(゜゜)

Dsc_4276
しかし、時折こうやってガラスにくっついていることもあり、コバンザメ最大の特徴【小判型の吸盤】をじっくり観察することができます!

Dsc_4273_2

アップでみるとこんな形をしています。こちらの吸盤は背びれの一部が変形したもので、吸盤を大きい魚の体に押し当て、小判のしわのようになっている部分を立てることでキスゴムのように吸着します。

ガラスにコバンザメがくっついている時は、是非その小判型の吸盤も観察してみてください![]

※生物の状態により、展示を変更する場合があります。

2016年9月17日 (土)

大人もハマる研究者のスケッチ!

みなさま、こんにちは。
髪が短いので朝の支度が楽なキゲイジャーです。

さて、会場も整いまして、
Dsc_0005r

本日から
イベント「上手い下手は関係ない?研究者が描く魚の絵」
始まりました。

職員からのレクチャーを聞いた後、テキストを見ながら、
実際の研究者が行うように点や線で魚の特徴を表していきます。
Dsc_0014r

Dsc_0031r

これは大人の方もハマっているようです!!
Dsc_0017r

絵が描けた方から作品をオーブンで熱していきます。
この後姿がわくわく感を物語っていますね。
Dsc_0039r

みなさん、楽しそうに作業していました。

ところで、何故みなさんはこのような作業を
しているのでしょうか?
その理由は是非ともイベントの内容で
ご確認下さい!!
Dsc_0027r

終了後、白衣を着ていたお子さん達もいました。
将来は研究者かな!?
Dsc_0046r

「上手い下手は関係ない?研究者が描く魚の絵」は
明日、明後日も行われます。
会場でたくさんのわくわくが感じられるのを楽しみにしています![
※イベント詳細は当館ホームページをご覧ください。

2016年9月16日 (金)

イベント「研究者が描く魚の絵」準備!

みなさま、こんにちは。
髪の毛を切りすぎて、髪型が変な感じなキゲイジャーです。

明日から始まるイベント、
「上手い下手は関係ない?研究者が描く魚の絵」
会場が準備されています。

2階のうみの研究室が教室に早変わりしました。
Dsc_0025r

Dsc_9294r

Dsc_9297r

明日のイベントはこの会場で行われます。

研究者が論文などで使うスケッチの書き方のルールや手法などを
当館で実際に研究を行っている職員がレクチャーします!!

また、カクレクマノミを描いたストラップを作ることができます。
Dsc_9301r

Dsc_9298r

是非ご参加下さい![

※イベント詳細は当館ホームページをご覧ください。

2016年9月14日 (水)

クラウンアネモネフィッシュ 久しぶりに育成中

こんにちは、アオです(^^)

先日、バックヤードで飼育しているクラウンアネモネフィッシュの産卵が確認されました。

当館では久しぶりの産卵です(^^)

Dsc_4140
早速、9月3日に孵化した仔魚を育成し始めました。

Dsc_4137

孵化後10日ほど経ち、大きさは5mmほど(゜゜)与えた動物プランクトンに勢いよく飛びついて食べている様子も観察されました(^^)産卵初期の仔魚は、育成があまり安定しないことが多いので、まだまだ油断はできませんが、しっかりと育成していきたいと思います(^^)[]

※育成の様子は、くまのみ水族館の裏側でご覧になれますが、生物の状態により、展示を変更する場合があります。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

フォト
無料ブログはココログ