2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

た、た、大変だぁ!(トラブル)

何かが我々の活動を妨げ…

2015年7月24日 (金)

リング水槽落水掃除

こんにちは、アオです(^^)

Dsc_0034
くまのみ水族館のメイン展示と言えば当館で繁殖した約300個体のカクレクマノミたちが展示されている『くまのみリング水槽』です(^^)/中に入って写真を撮る方も多くいます。

さて、この水槽の掃除ですが、普段は水槽の上から棒にスポンジを付けたものでこすったり、サンゴ礫を混ぜたりしています。そして、月に一回程度、水槽の水を半分抜いて掃除する、落水(らくすい)清掃を行います。

Rimg0302
Rimg0312
水槽容量が2tほどあるとは言いましても、中に人が入るとこのように中腰でかなりきつい体勢です・・・( ゚д゚)
本日の担当は、このところ腰に不安を抱えているNさんですが、この中でぎっくり腰を発症されたら果たして私はどうやって助ければ良いのでしょうか・・・?

Rimg0308
カクレクマノミたちも急に出現した大きな生きものに間違っても踏まれないように、あわてるように反対側に移動しています・・・しかし、この場で一番あわてていたのは、履いている胴長にいくつも穴が開いていてすごい勢いで水が入ってきているNさんでした(・_・)

Rimg0314
掃除が終わり、水槽から出てくると靴下はもちろんズボンまでビショビショ・・・「前に使ったのは誰だ!(#`Д´)」とプンスカしながら穴の開いた胴長を捨てていました・・・

Rimg0316_2
皆さんも胴長を履くときはしっかりチェックしましょうね(゜-゜)

さて、そんなトラブルのおかげ?で夏休み前にきれいになった水槽で、カクレクマノミたちを是非ご覧ください(^^)[]

2015年2月28日 (土)

ハダムシの卵

こんにちは、アオです(゜-゜)

本日は以前のウオノエとはまた違う寄生虫の話です(・・;)

Dsc_0033
P1010148_2
写真上のミノカサゴはハダムシ(写真下)が寄生しているため、眼が少し白く濁っています。また、寄生された魚は体を岩でこすって傷ついたり、エサを食べなくなって死んでしまうこともあります・・・水族館や養殖場では嫌われ者の寄生虫です。

魚に付いた成体のハダムシは魚を薬や淡水に漬けることで、ある程度落とすことができます。しかし、根本的に駆逐するためには、卵をしっかりと水槽内から追い出さなければなりません。

Dsc_0583
ハダムシの発生した水槽の排水溝のネットには、「ねちゃーっ」とした黒っぽいのり状のものが付いています・・・それを顕微鏡で拡大してみると

P1010139
P1010136
四面体の物体が糸のようなもので互いに絡み合い、大量に付いています!

実はこれがハダムシの卵なんです(゜゜)

排水ネットに全ての卵が付くわけではないため、これを落とせば終わりというわけではありませんが、今後は排水ネットを定期的に観察して、しっかりと卵の塊を落とすよう注意しようと思います。

ちなみにハダムシは「ベネデニア」と呼ばれる吸虫の仲間なので、私たちスタッフの間では『ベネ』と呼んでいます。スタッフが水槽の前で魚を観察しながら「ベネ」「ベネ」と言い合っているときは寄生虫が発生していて、その処置をしているんだなぁと思ってください(笑)[]

2015年2月15日 (日)

ピ、ピンチ!!

アカゲイジャーです。

今朝、飼育スタッフがやってきて…
 ス 「コウイカの調子があまり良くないので、生物を一旦変更します」
  「ん、今日で交代?」
 ス 「そう。2日後位には次の生物が入ります」
  「はい、了解」
だそうです。

 
 
 
 
が、

 ・
 ・
 ・

 その展示とは期間 2月28日までの特別展示です。

 『ウ、Webのページも変えなきゃ(汗)』

  「今日はまだ展示してるんだよな」

  「写、写真… まだだよなぁ」

  「明日は一旦空の水槽になるよな」

  「コウイカの写真がなくなるのは寂しいけど、
   復帰はいつになるか分らないし…」

 「あっ、今日は日曜!」

Webの依頼をしている業者さんは定休日(汗)。

とりあえずの変更と、写真まわりのイメージを作って業者さんにメールして、

Changecre4blog
ま、で、できる事はやった(開き直っている^^;)。よ、ね \(^o^)/
間に合うといいんだけど(;´▽`A``

次の魚はフグのなかまらしいんですが、
皆さんも楽しみにして下さい[]

2012年8月19日 (日)

ワイルドだろ~

どうも、アオです(´∀`)

夏休みも終盤に入りました。お盆休みの間はたくさんの方にご来館いただき、特別展『The Shark』も大好評でした。ありがとうございました(^^)

まだまだ開催中の企画もありますので、これからお越しになる方はイベント情報を是非チェックしてくださいね!


さて、お盆休み真っ最中の先日…いつものようにシロワニに給餌するために潜水中のことでした。

先にメスに給餌していると急に・・・

ボン!!!

大きな音と

ガタッ!!!

何かが落ちるような音がしました( ゜Д゜)!

あわてて周囲を見回すと、シロワニのオスがエサの匂いなどに興奮したのか暴れたようです。浮上して様子を見ていると落ち着いてきたため、今度はもう一つの何かが落ちた音の正体を調べます。

すると一箇所見事に擬岩が折られていました・・・

Imgp10518
折れたところが白くなっていて・・・目立ちます・・・( ´・ω・`)

Imgp10249_2
こちらが折られた擬岩です。結構重みがあり、人間の力では到底折れそうにはありません。シロワニのワイルドなパワーを見せつけられました。

今まで以上に給餌の時は注意しようと思います(^ ^;)・・・『これ、どうやってくっ付けよう(泣)』 []

※職員の努力により、修理されている場合があります。

2012年4月 5日 (木)

変わりコイのぼり 逃げた?

 それは、今日の朝の事。

キゲイジャーが変わりコイのぼりの写真を撮ろうと博物館の前に行ってみると、

『何か変だ』

と違和感を感じたようです。

 それで、注意しながら良く見てみると・・・

朝にはあったフエヤッコダイがいない?

い な い ?

いな~~いぃ!!

 どうやら一昨日から吹き始めている強風にあおられ、
どこかへ飛んで行ってしまったらしいのです。

 掲揚していたロープには、ちぎれた体の一部が残っていましたが、
本体はどこかに逃げてしまったようです。

 あわてて近くを見てもフエヤッコのぼりはいません。
それでは、と遠くの方も見に行ったのですが、やっぱりいません。

どうしよう・・・

 まだ探していますので、見付けた方はご連絡をお願いします。
こんな感じの姿をしています。

Poster
※ 尚、事実なので、見かけた方は本当に宜しくお願いします。[mm]

フォト
無料ブログはココログ