2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

こんな事しました(普及行事)

博物館ではこんなイベントもしています

2017年3月18日 (土)

みんなで体感!実験会

こんにちは、アオです(^^)

学校も修了式や卒業式を迎え、今日からの3連休を含め春休みという方もいらっしゃるかと思います。
Dsc_0003

館内では本日よりイベント「みんなで体感!海の不思議と生き物」がスタートしました。一回約10分の実験会形式イベントで、毎年形式や内容を少しずつ変えながら開催している定番イベントです(^^)/

今年の注目は実験会の後に行われる体験タイム!実験会で紹介した生きものに触れたり、簡単な実験をすることもできます!

Dsc_0015

詳しい日程や内容はホームページでご確認ください!

皆様のお越しをお待ちしております(^^)[]

2016年7月31日 (日)

水槽の中をのぞいてみよう!

こんにちは、アオです(^^)

Dsc_0001
昨日より恒例の『ふれてみて サメと海の生きものたち』が始まり、早速賑わっています。

Dsc_0002
Dsc_0015
Dsc_0007
例年通りのサメやエイのプールやウニやヒトデなどにふれてもらう水槽に並んで、今年は『シュノーケリング水槽』が登場!

Dsc_0029
消毒済みのシュノーケルとマスクを実際に装着してもらい、水槽の中をのぞき込んでもらう水槽です!
慣れないとなかなか上手く息ができないシュノーケル、実際の海で何か起きてしまうと大変です。こちらの水槽で使用方法などに慣れてもらって海難事故を防ごう!という意味も込めて、今回初登場しました。

Dsc_0024_2
体験後、『今度の誕生日プレゼントはシュノーケル!』と気に入ってくれたお子さんもいらっしゃいました(笑)

今年の夏も『ふれて』・『みて』、楽しんで学んでください![]

※安全に楽しく体験していただくために、体験に制限がある場合があります。

2016年3月19日 (土)

モンハナ パンチ炸裂

こんにちはミドゲイジャーです。久しぶりの登場で忘れられているかも???

いよいよ春休みが始まりました。当館では、さまざまな春のイベントが開催されます。その先陣を切って、午前中にモンハナシャコの実験会が開催されました。17

16
この実験は、今回が初めてとなります。そのため、緊張するアオゲイジャーとモンハナシャコでしたが、大勢のお客さんが見守る中で無事に終了しました。大成功!!後程、詳細はアオゲイジャーが熱く熱く、その苦労を語ってくれると思います。[]

2015年3月22日 (日)

きて!みて!やっぱりひとだかり♪

みなさま、こんにちは♪
春っぽい一日でしたね。
海岸では、BBQの匂いがしております。キゲイジャーです。

今日も
『きて!みて!海のはくぶつかん』
ということで
館内では所定の時間にお客様が集まって下さいます♪
Dsc_0130r

午前中は『爆食!オオグソクムシ』
衝撃的な食欲でした。
Dsc_0048r
Dsc_0022r
Dsc_0059r

午後は『深海魚の解剖』
ミズウオの胃袋から、多くの生物が出てきました!!!
Dsc_0068r
Dsc_0095r
Dsc_0102r

午後第2弾は、
『うでだめし!深海魚クイズ』が行われました。
館内の壁面に画像を映した全5問のクイズです。
Dsc_0108r
Dsc_0111r

新しい試みも多く、この春の爽やかな日に
インパクトの強いイベントです。
みなさま、お楽しみいただけたようです♪[]

※各イベントは実施日や時刻が異なり、
有料のものもありますので
事前にご確認下さい。

2014年6月14日 (土)

写生大会表彰式2014

梅雨のわりにはけっこう爽やかに
過ごしているキゲイジャーです♪

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

先日、写生大会の表彰式
行われました。
写生大会は開館当初から行われており、
今回が43回目です!!

今年は
なんと405点もの作品が集まりました。
その中から入選36点、特選36点を静岡市内の
小学校の先生お二人に選んでいただきました。
Dsc_0071r

皆様の作品はいずれも力強く、純粋に魚たちが
描かれています。しっかりと生きものを観察し、
上手に表現していますね。エイかわいい♪
Dsc_0089r


観察し、記録するということは、
まさに生きものを学ぶ最初の入り口と言えます。

ご入賞された方々、おめでとうございます。
みなさん、けっこう緊張気味。
館長から楯と賞状が贈られました。
Dsc_0050r
Dsc_0053r

親御さんもお子さんの絵をしっかり撮影!
Dsc_0059r
Dsc_0101r

今後もお子さん達の個性を尊重し、想像力を
育成するためにも写生大会を継続して
行いたいと考えています。

来年も是非、ご参加くださいね。
Dsc_0104r

尚、入選された作品は今後、一年間当館の
2階へ上がるスロープに展示させていただきます。
是非、またみなさんでお越し下さい。[]

2014年3月26日 (水)

写生大会、開催中♪

皆様、こんにちは。
春の日、いかがお過ごしでしょうか?
桜の花が満開になるのが楽しみな
キゲイジャー
です。

春になりまして、各地で様々な大会が
開催されております!
皆様、何かの大会に参加されましたか?

当館では先日から
海のはくぶつかん写生大会
開催されております。
Dsc_0013r

Dsc_0024r

春の展示「サクラ色の魚たち」
ということで、桜の造花も彩りを添え、
Dsc_0050r

Dsc_0054r
館内は熱心に海の生きものを描く
参加者のみなさんで非常ににぎやかです。

絵に描くことにより、
生きものの細かい一面を再発見できる
と思います。ヒレの数は?形は?などなど!
 Dsc_0027r
この写生大会は明日も開催されます。

是非、ご参加ください。[]

春のサメ教室、実施♪

皆様、こんにちは。
春休み、楽しくお過ごしですか?
暖かい気候に体が追いつかない

キゲイジャーです。

さてある朝、来てみると
裏側のタンクの中に
二度見してしまうほどのモノが・・・。
ドンドンーンと!!!
Dsc_9131r

サメの標本たちです!!

そう、この日は
「見よう!作ろう!サメ教室」
の日です。

「見よう!作ろう!サメ教室」は
当館の標本室に眠る貴重なサメの標本から
サメとは・・・や、その生態、
特徴を学ぶ教室です。

みなさん、興味津々で、
スタッフの解説に聞き入ります。
Dsc_0024r

屋外に出て、
標本というものについても説明。
ちなみにスタッフが持っているのは
ハリセンボン(魚)の標本です。
Dsc_0031r


このサメ教室、
3月30日にも行われます。

下の写真では
その貴重な標本
見えにくく、色を抜いておきますね♪
すでに当館HPや先のブログ記事で公開されて
おりますが。(私が加工したかっただけです。)
参加者の方から鋭い質問も飛び出します!!
Dsc_0055kakour

もっとも小さいサメ、
「ツラナガコビトザメ」も登場です。
Dsc_0107rkiri


教室の最後には生きた化石と言われる
あの深海ザメのラブカの皮
使った標本を作ります。
Dsc_0018tnashirDsc_0120r
貴重な皮の標本ですので、
みなさん切り落とした皮まで、
しっかりお持ち帰りです!


次の開催も是非、お楽しみに!!
尚、定員が20名様となっております。
ご了承ください。[]

※標本や天候の状態により、内容を変更する場合があります。

2014年2月 8日 (土)

干物de魚拓!

皆様、こんにちは!
先日、リアルに夕食がアジの干物だった
キゲイジャーです。
各地で雪が降っていますね。

本日から2日間、
当館学生ボランティア
「クマノミキッズ応援団」による

体験イベント、
「干物から知る!魚のイロイロ!」
が開始されました。
Dsc_0073r


普段、何気なく食べている干物を題材にして、
干物のことや、魚の体や骨などを
ご紹介しています。

そして、干物を使って
魚拓を取ることができます!!
斬新!!
Dsc_0026r

魚の体の形を紙に写し取って記録する魚拓。
ご家族に釣りをされる方がいると
見かけることがあるかもしれません。
Rl_2
(私、少し釣りをしますが、
なかなか魚拓を取るほどの
こんな大物が釣れません。トホホ。)

こちらがマアジの干物の魚拓です。
良い作品に仕上がっております。
Dsc_0003_2r

会場には
マアジの干物の骨格標本も展示してあり、
次に干物を食べるときの参考になること
間違いなしです!
Dsc_0040r

参加してくださった方々からの「ありがとう!!」。
頑張った昨日の準備が報われる瞬間ですね♪
こちらもとっても上手に仕上がりました!
Dsc_0066r

魚拓は無料で体験できますので、
是非試してみてください!!

会場にはほんのりと
干物の香りが漂っております。[]

昨日の準備風景
Dsc_0010r
Dsc_0005r


※魚拓体験は一日限定150枚とさせていただきます。

2014年1月23日 (木)

メガマウスザメのコーナーが充実!

こんにちは。

先日、胃と腸の内視鏡検査を受けてきまして無事『異常なし』でしたアオです(^^;)

さて、当館二階にはメガマウスザメの剥製が以前から展示されています。
Dsc_0012
この個体は2003年8月7日にサバの巻き網漁の際に混獲されたものです。
当館に寄贈後、東海大学海洋学部にて公開解剖調査、その後剥製展示されています。(当時の詳しい様子はこちら

Dsc_2061_2
展示から10年近く経ち、最近のサメブームでその知名度が上がり、また新しい知見なども報告されているため、少し展示を充実させることになりました。
Dsc_2062
Dsc_2068
以前から展示していた腸や脊椎骨に加え、胃の中から出てきたエサ生物や歯などを新たに展示、公開解剖の様子の映像や世界での発見記録なども追加されました(^^)

少し新しくなったメガマウスザメコーナーでもっとこの不思議なサメについて詳しくなっちゃいましょう!(^^)[]

2013年8月30日 (金)

夏の最後はナイトアクアリウム

こんにちはミドゲイジャーです。このあたりの小学校では、今日から始業式です。我が家の娘も、だらけきった体に鞭を打ちながら、登校していきました。夏の行事もあと少し、担当のナイトアクアリウムは好評でたくさんの方に参加していただいています。今年、秘密のアイテムとして、試験的にカニさん風鈴とスズズムシたちを館内に設置しました。思った以上に良い雰囲気を演出してくれました。Dsc_0020
Dsc_0023

特に薄暗い館内で鳴く、スズムシの音色は暑い夜を涼ませてくれます。担当のアオゲイジャ-は、このために色々と飼育方法を調べて、育てていました。きっと今年のスズムシからたくさんの卵を産ませて、来年のナイトではパワーアップさせて登場させることと思います。台風が近づいてきて心配ですが、鈴虫と風鈴の音色を聴きに夜の水族館へ足を運んでみてください。[]

フォト
無料ブログはココログ