2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

何だこれ?

不思議な物を発見!

2017年3月30日 (木)

【Hot shot】出汁(だし)何人分!?

展示場に伸びるマコンブの実物標本!
その長さは脅威の9m!!
Dsc_0292r

いったい出汁は何人分なのでしょうか!?
鍋の季節にはお世話になりました!
もう春ですね♪[

2017年2月23日 (木)

何を作っているんでしょうか?

みなさま、こんにちは。
が本当に待ち遠しいキゲイジャーです。

いきなりですが、何を作っているんでしょうか?
Dsc_0863r

Dsc_0847r

Dsc_0843r

素材や大きさなど試行錯誤です!
カッターや紙やすりでコツコツと製作中!!
Dsc_0839r

完成が楽しみです。[]

2017年2月15日 (水)

【Hot shot】昔の入館券

先日、普段あまり掃除しないエリアを掃除していると

Dsc_6807

展示台の裏から昔の入館券が数枚出てきました。下の二枚は、当館の住所が『静岡県清水市』と記載されています。清水市と静岡市の合併は2003年ですので、私が静岡県へ引っ越してくるより前のものです…時間の流れを感じます(^^)[]

2016年11月 9日 (水)

侵入者の痕跡

こんにちは、アオです(^^)

当館の敷地内には『飼育実験棟』という建物があります。そこには、予備水槽や繁殖水槽、東海大学海洋学部の学生さんの研究用水槽などが設置されています。基本的にはスタッフや学生さん以外は入ることができません。

Dsc_0347
しかし!先日、その実験棟で部外者が侵入した痕跡を発見(゜゜!!)

Dsc_0344
Dsc_0346
水槽の蓋にネコの足跡(ФωФ)!!

実験棟は、扉一枚で屋外と通じていますので、これからの季節は夜間、扉を閉め忘れると暖を求めてノラ猫たちが入ってきてしまいます。

蓋の上に乗って、水槽の中の魚たちを眺めていたのでしょうか…(^^;)

魚が襲われるということは(おそらく…)ありませんが、水槽の中に落ちたり、電気系統で感電したりしては可哀そうなので、戸締りは徹底するように気を付けようと思います(゜゜)[]

2016年8月12日 (金)

ナイトおばけリウムで涼しく!

みなさま、こんにちは。
休日はプール三昧なキゲイジャーです。

さて、明日から始まります
ナイトアクアリウムの準備が
終盤を迎えています。

そんな中、私のもっと苦手とするおばけの話題です。
館内で変な影を発見しました。
Dsc_9104r

上を見上げるとモヨウフグの剥製!!
赤く染まる担当者!!
Dsc_9103r
Dsc_9102r



今年のナイトアクアリウムには
少しオモムキの変わった展示が登場です!!
その名も
「ナイトおばけリウム」!

夜、一人でこの記事を書きましたが、
決して決して、心地の良い感じはしないです!

がしかし、涼しく感じるのは間違いなしです。

「ナイトおばけリウム」では海に関する妖怪
それらに関係する海の生き物をご紹介します。
Dsc_9095r

キモカワならぬ、怖くて面白い感じのコワオモです。

神秘的にライトアップした海洋水槽もとてもキレイです。
また、タイミングが合えば、映画で人気の
ナンヨウハギがサンゴの間で休むところも観察できます。
おばけと関係ない展示もしっかりありますので、
おばけの苦手な方もご安心下さい。
Dsc_8982r_2

Dsc_8990r

ナイトアクアリウム、明日から始まります。
お楽しみに!!【

2016年7月19日 (火)

ミズダコのうんち

こんにちはミドゲイジャーです。

先日、夕方の見回りをしているとミズダコの水槽に「ひも」のようなものが見えました。

Dsc_8814unnchi
短いものは毎日のように見るのですが、今日のは長い。とにかく長い!!
Dsc_8813
約1.5mはあったのではないでしょうか?長--い「うんち」でした。カメラを持っていなかったので、慌ててキゲイジャーを呼んで撮影してもらいました。興奮して喜んでいる私を見て、キゲイジャーは笑っていました。運があった一日でした。[]

2015年10月22日 (木)

使ってビックリ!伝声管

こんにちは、アオです(^^)

『うみの研究室』がオープンし、約一カ月が過ぎました。休日は大変賑わっている展示場です(^^ )

さて、展示場の頭上にぐるりと謎の黄色い配管が通っています。

Rimg0499
長さは約10m、末端はこのようになっています(゜゜)

Rimg0500
Rimg0496
こちらは『伝声管(でんせいかん)』
船や建物などで利用されている電気を用いずに会話するための管で、管の中では音波が弱くなりにくい原理が利用されています(゜゜)

日常で目にする機会はほとんどないですが、映画『天空の城 ラピュタ』のワンシーンで伝声管を使って会話しているのを観たという方は多いかもしれません。

『うみの研究室』のものは塩ビパイプを加工しただけの非常に単純なつくりで、『ホンマに会話できるんやろか?』と疑問に思っていましたが、はっきりと相手の声が聞こえ、少し感動しました(笑)

伝声管は、故障や事故などで電話が使用できなくなった際に使用するため、現在も大きな船などには設置されているそうです。

Rimg0501
皆さんも展示場の伝声管を使って会話してみてください!予想以上の聞こえやすさにびっくりすると思いますよ(^^)/[]

2015年9月14日 (月)

ハリボテ?メガマウスザメ

こんにちは、アオです(^^)

2階の改修が始まる少し前のある日、マリンインフォメーションに何やら木材とダンボールでできたものが登場しました(゜゜)?

Dsc_4656
『大きな頭?』・『胸ビレ?』・『尾ビレ?』、大きさは4mほど・・・もうお分かりですね。

こちらは、担当が作成した『実寸大メガマウスザメ剥製のハリボテ』です(^^)/
頭のサイズから体長、胸ビレの幅などが剥製と全く同じ・・・のはずです(笑)

なぜこのようなものを作ったかというと、改修後はメガマウスザメの剥製雌雄2体がエリア入口にお引越ししてくる予定です。いざ剥製を現場に移動してきた段階になってから「大きすぎて入らなかったよ~r(^ω^*)))テヘッ」では済まされないからです(゚Д゚)
そこで、実寸大のハリボテを作って試し置きすることになりました。

Dsc_4394
Dsc_4651
Dsc_4630
「天井からワイヤーで吊り下げるとしたらこのあたりで・・・」
「この位置だと胸ビレが当たっちゃう・・・」
「2体目はこのあたりにこの向きで・・・」

2体の位置を話し合いながら、微調整していきます・・・どうやら2体とも無事に、予定のスペースに収まりそうです!

こうした下準備も改修前から行っていたんですね~
さて、いよいよ展示改修も終盤に入っていきます(^^)/[]

2015年9月11日 (金)

改修が始まりました!

こんばんは、先日出張が見事に台風上陸とバッティングし、新たな雨男エピソードが追加されてしまったアオです(゚ー゚;

Dsc_0001
2階の展示改修が始まって数日経ちました。壁が取り払われたり、棚が運び込まれたり、スタッフや業者さんが作業をしている様子などが見られます(゜゜)

Dsc_0017
Dsc_0009
展示場には、『まだよくわからないモノ』が運び込まれ、設置されていきます(笑) これらが、今後どのような展示物になっていくのかが楽しみです!

Dsc_0024
新しい展示場の名前は『うみの研究室』!
来週末のオープンに向けて夜遅くまで作業は続いています・・・[]

2015年6月26日 (金)

カニの上の小さな住人 ワレカラの仲間

こんにちは、最近小さな甲殻類に興味を持ち始めたアオです(^^)

先日、今年の3月から働き始めた新人スタッフK君がエゾイバラガニの水槽の前で立ち止まり何やらじーっと観察していました。訳を聞いてみると何やらエゾイバラガニの体に付いているとのこと・・・

Dsc_00081
よく見ると、脚や体に何やら小さい生きものが付いています(゜゜)

Dsc_0005

こちらの生きものは『ワレカラの仲間』です。ワレカラは端脚目という仲間に属している甲殻類で、日本近海では浅場の海藻や他の生きものの体などに付着するものなど100種ほどが知られています。このワレカラたちは、エゾイバラガニの体の上で生活していたところ、カニと共に当館に搬入されたようです(・・)

P1030632_2
P1030666_2
顕微鏡で見てみると、このようにナナフシとカマキリを足して2で割ったような体をしています(゜゜)鎌のような部分は顎脚(がっきゃく)といって、種類によってはエサを捕まえるために使用することもあります。

非常に小さい生きもので、よーく見るとピョコピョコ動いています(^^ )エゾイバラガニを観察される際は、その体に付いている小さな住人たちもぜひ観察してみてください![]

※生物の状態により、展示を変更する場合があります。

フォト
無料ブログはココログ